南国の離島での生活
今村更迭を巡る二階幹事長発言の真意を読み解く(田中良紹) - 個人 - Yahoo!ニュース

イラン革命防衛隊幹部殺害事件の影響、早くも沈静化?

イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害事件で昨日の日経は下げたものの、NYダウや本日の日経はエライ上昇だ。 以下はブルームバーグのニュースだ。 中東緊張でも中銀が株価下支え、下げは限定的-モルガン・ス […]

日本がこのようにマテリアル大国であり続けられた要因の一つは

【革命防衛隊幹部殺害】アメリカの目的はイランへの覇権委譲のためのシェール維持か

イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害事件について、昨日の記事でアメリカの目的を考えてみたところだ。 だが、本日の相場からアメリカの目的が少し見えてきたので改めてまとめてみたぞ! 【第三次世界大戦】ア […]

作ったものに対しても直しを求められることが多くなり 続きを読む
新たな利益の源泉となるイノベーションを起こしやすくする 読書

【ゴム印】 社判 住所印 ジョインティー 住所印 15ミリX74ミリ(社判/ゴム印/ジョインティー//通販)

今回はAmazonのKindle本としても発売されている「奇跡のリンゴ」という本の紹介だ。 奇跡のリンゴ(木村秋則 著) 本書は著者の木村秋則氏が、家族と窮乏に陥り、死を覚悟するほどにまで追い詰められ […]

アメリカレポ市場へのFRB資金供給増額が意味すること

レポ市場は9月にいきなり金利が高騰し10%を超えたことがあったが、FRBの介入によって表面上は一定の落ち着きを取り戻している。 だが、年末年始の資金需要への対応について金融当局はピリピリしているようだ […]

国の政策によって経済成長が実現できるのであれば 政治

【日本の闇】特別会計を通じて日本の富はアメリカへ

特別会計について、以前に少しだけ書いたことがある。 【バブル総決算】特別会計が終わる日が来る!? 特別会計は元々は国民から集めた税金(=日本の富)なのだが、この日本の富を好き勝手に使うだけでなく海外( […]

1億円以上の出資をすると25%分「損金計上」できるわけですから スヌーピー印鑑 SN-611 チャーリー・ブラウン(印鑑/はんこ/キャラクター/スヌーピー//通販)

【原田武夫】郵便局の保険不適正販売からアメリカに収穫される日本を見る

元キャリア外交官の原田武夫氏は先日アップされた動画で、アメリカにとってそろそろ日本は刈り取り時なのではないか、ということを懸念していた。 日本は、例えば購入した米国債の売却を試みるとアメリカから「宣戦 […]

日本が未だに世界トップであり続けられるている

【送料無料】女の子(名入れギフト)和泉屋 五三焼長崎カステラ(桐箱)&静岡銘茶のセット【出産内祝 内祝い 御祝 お祝い】【出産祝い お返し 返礼】

先日、元キャリア外交官の原田武夫氏がアップした動画の中で、我々が普段当たり前と思っているものが、実は極めて危ういものの上に成り立っているとの話があった。 その一つが不動産だ。 地籍図の話を例にその所有 […]

地球温暖化の犯人、二酸化炭素説は虚構ッッ!

地球は温暖化していて、その原因は人類が排出する二酸化炭素はじめとする温室効果ガスだ。 温室効果ガスを規制しないと地球温暖化が進んで、夏は45度という超猛暑、巨大台風や洪水などの災害が多発し、さらには海 […]

結果的に「控除された分×(実効)税率」分しか減税とならない 彩華 角印 21mm 【会社 角印】(印鑑/会社用/印鑑//通販)

原田武夫氏、簿外資産について語る!

元キャリア外交官の原田武夫氏が、12月2日付でアップロードした動画内で簿外資産について語ってくれたところだが、かなり長い話だったし分かりにくい部分もあったので、復習も兼ねてまとめてみたぞ! 12月3日 […]

今回は敢えてポジティブな面だけを取り上げますが 続きを読む
いかにこの研究開発減税がアグレッシブな税制であるかをご理解頂けるのではないかと思います

イギリスが衰退に繋がるブレグジットにこだわる理由ついて思うこと

2016年6月の住民投票で決まった英国のEU離脱(ブレグジット)について、ようやく決着がつきそうだ。 以下は産経の記事 英総選挙の投票開始 EU離脱が争点、深夜に大勢判明へ 【ロンドン=板東和正】英国 […]

【送料無料】CALPIS(カルピス)ギフトセット【出産内祝 内祝い 御祝 お祝い】【御中元 御歳暮 母の日 父の日 初節句内祝 入学内祝 お返し 返礼】

今年の9月にアメリカのレポ市場で金利が異常に高騰するという異変が発生した。 この件については、前にも書いたとおりだ。 【短資金利】日米で起こっている金融危機の密かな進行 レポ市場とは以前の記事でも書い […]

今回私が賞賛する政策が好きな人もいれば嫌いな人がもいるかと思います 続きを読む