県庁担当者がいうように「7割近くの住民が賛成」していたにもかかわらず
安全性の問題を二の次にして震災がれき処理を急ぐ動きを助長している