ズルい」という感覚があることは否めないだろう
ただ子どもに対しての必要なサービスや財が提供される社会では