1 / 5

や時代の最先端で戦っている千田翔太七段(当時六段)は次のように述べています