当日集まった27組の双子家庭の方々とも交流をしました
誰かが声をあげなければ問題があることすら認識されません