少なくともその責任を自覚すべきだったのではないのか?
小学生シリーズは1誌…「小学一年生」~「小学六年生」などの部数動向をさぐる(2019年7~9月)