勘違いを引き起こす可能性があるということです
間違った情報を伝えるURLを付けないということも徹底されなければなりません