1 / 5

ネタとして消費するのではなく『表現規制』について再考する契機とすべし