気象災害が多かった令和元年(2019年)を象徴するかのように
図3の出典:気象庁資料とウェザーマップ資料をもとに著者作成