この結果は報道に携わる者に何をつきつけたのか
今後も継続的にアイデアや特許の買い取りを検討していく方針だ