南国の離島での生活
しかもいずれの年も衆議院解散があったため通常国会だけでなく特別国会や臨時国会などが複数開催されていた

イラン革命防衛隊幹部殺害事件の影響、早くも沈静化?

イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害事件で昨日の日経は下げたものの、NYダウや本日の日経はエライ上昇だ。 以下はブルームバーグのニュースだ。 中東緊張でも中銀が株価下支え、下げは限定的-モルガン・ス […]

男女別で順位を見ると男性は「見えづらい」「体が動かない」「名前が出てこない」「白髪が増えてきた」

【革命防衛隊幹部殺害】アメリカの目的はイランへの覇権委譲のためのシェール維持か

イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官殺害事件について、昨日の記事でアメリカの目的を考えてみたところだ。 だが、本日の相場からアメリカの目的が少し見えてきたので改めてまとめてみたぞ! 【第三次世界大戦】ア […]

そのためフーテンは「森友加計問題」で支持率を急落させた安倍政権がこの臨時国会をどうするかに大いに注目してきた 続きを読む
テクノロジーなどさまざまな分野のスペシャリストが集う 読書

こたつ布団 コタツ布団 掛け布団 こたつ コタツ 薄掛け 長方形 ツイード フリース 北欧 暖かい あたたかい 軽量 軽い KK-128

今回はAmazonのKindle本としても発売されている「奇跡のリンゴ」という本の紹介だ。 奇跡のリンゴ(木村秋則 著) 本書は著者の木村秋則氏が、家族と窮乏に陥り、死を覚悟するほどにまで追い詰められ […]

◆送料無料◆日本製 高反発マットレス 極厚10cm 待望のZタイプ 三つ折 シングル 硬め 150N 厚10cm 軽量 コンパクト 国産 高反発 オーバーレイ 固め 圧縮 圧縮マットレス 3つ折り

CLOをご存知だろうか。 Collateralized Loan Obligationの頭文字を取ったもので「ローン担保証券」と言い、銀行などが企業に貸しているカネ(ローン)を証券化したものだ。これだ […]

しかもいずれの年も衆議院解散があったため通常国会だけでなく特別国会や臨時国会などが複数開催されていた 続きを読む
はてなブログでのエントリー記事の素朴な気づきだが 政治

【日本の闇】特別会計を通じて日本の富はアメリカへ

特別会計について、以前に少しだけ書いたことがある。 【バブル総決算】特別会計が終わる日が来る!? 特別会計は元々は国民から集めた税金(=日本の富)なのだが、この日本の富を好き勝手に使うだけでなく海外( […]

【原田武夫】郵便局の保険不適正販売からアメリカに収穫される日本を見る

元キャリア外交官の原田武夫氏は先日アップされた動画で、アメリカにとってそろそろ日本は刈り取り時なのではないか、ということを懸念していた。 日本は、例えば購入した米国債の売却を試みるとアメリカから「宣戦 […]

民進党が招いた?臨時国会を逃げるための解散劇(田中良紹) - 個人 - Yahoo!ニュース

フジキ 【国産】バッグdeクーファン ボーダー オレンジ / クーハン

先日、元キャリア外交官の原田武夫氏がアップした動画の中で、我々が普段当たり前と思っているものが、実は極めて危ういものの上に成り立っているとの話があった。 その一つが不動産だ。 地籍図の話を例にその所有 […]

地球温暖化の犯人、二酸化炭素説は虚構ッッ!

地球は温暖化していて、その原因は人類が排出する二酸化炭素はじめとする温室効果ガスだ。 温室効果ガスを規制しないと地球温暖化が進んで、夏は45度という超猛暑、巨大台風や洪水などの災害が多発し、さらには海 […]

原田武夫氏、簿外資産について語る!

元キャリア外交官の原田武夫氏が、12月2日付でアップロードした動画内で簿外資産について語ってくれたところだが、かなり長い話だったし分かりにくい部分もあったので、復習も兼ねてまとめてみたぞ! 12月3日 […]

原点は“危機感”――チームラボ猪子寿之が描く「デジタル×アート」の世界 - Yahoo!ニュース 続きを読む
知らずしらずに【本名】が電車の中に乗っている人にまで共有されているとすると

イギリスが衰退に繋がるブレグジットにこだわる理由ついて思うこと

2016年6月の住民投票で決まった英国のEU離脱(ブレグジット)について、ようやく決着がつきそうだ。 以下は産経の記事 英総選挙の投票開始 EU離脱が争点、深夜に大勢判明へ 【ロンドン=板東和正】英国 […]

【4240011】KANSAI カンペ 水性タイプ塗料はがし剤 1L(1本)

今年の9月にアメリカのレポ市場で金利が異常に高騰するという異変が発生した。 この件については、前にも書いたとおりだ。 【短資金利】日米で起こっている金融危機の密かな進行 レポ市場とは以前の記事でも書い […]

web上のデータを解析するとこの話題に最も反応したのは30代男性 続きを読む