雇用保険が発生するレベルで働くことができたのかだ
「日本人横綱」という「物語」を背負わされた横綱でもあった