昨今の自動車の需要動向ともほぼ一致しており
これまで注目されなかった個人や地域にも大きなチャンスを生んでいると思う