時間に縛られないでゆったりと聞き取った言葉を綴ることもあるという
寄り添う姿勢を見せたかったのではないだろうか