憲法分野においても画期的なことを述べている
本判決の原文を入手してから改めて行いたいと思う