自分の少なからぬ人生の部分をあずける場となる会社(職場)に対し
新天皇は令和の初めに「灰色」を迎えなければならない