子どもたちはそんな大人たちの背中を感じながら
000万人のファンページが今のTokyo Otaku Modeに至るまでの過程