働く理由として「自分の活力になるから」などの「生きがい型就労」が多くの割合を占めており
アメリカ合衆国の民間調査機関Pew Research Centerが2015年6月付で発表した世界規模の調査結果「Global Publics Back U