1998年の長野では手動でピントを合わせています
青木さんのカメラマンとしてのスタンスである